あかつき特設サイト

はやぶさ2を実現させよう #32006年12月05日 23:22:08


リサイクル絵ですいません。orz

「はやぶさ2を実現させよう」勝手にキャンペーン

------------------------

 ポンチ絵描きから「小惑星探査機はやぶさの成果」を語らせていただけば、イマジネーションの地平を広げてくれたことだな。

 例えばボイジャーが撮影してくれるまで、木星だの土星の輪っかだのは大気の揺らぐフィルターを通した画像から想像するしかなかった。
 今では木星の表面には雲がぐるぐるしてることを みんな知ってる。

-Nobody Knows. -

 はやぶさが行くまでイトカワがあんなにでこぼこだとは誰も知らなかったわけで。実際の運用をしていたスタッフさえ想像だにしてなかったと。

 地獄よりも深い暗黒にぽかりと浮かぶ寄る辺無き岩塊。
 2005年の夏まで誰も知らなかった、神のみぞ知る小惑星1998SF36。

 でも、今では『小惑星イトカワは"アバタのラッコ"似』だと我々は知っている。
 それだけでも はやぶさは人類へ偉業を成し遂げたよ。感謝してもしきれないよ。

------------------------

メル凸作戦現況

安倍晋三総理:連絡フォーム&首相官邸:ご意見募集
国会答弁で「再チャレンジ支援」に言及してたので そのへんを「はやぶさ2」でアピールできましょう!と意見してみた。

文部省 伊吹文明文部科学大臣・平成目安箱
↑には子供たちの心の荒廃と「はやぶさ2計画」を絡めてメールをしてみた。

その他 各大臣には政策とか各省庁にはそれぞれの促進したい産業等をくすぐってやるぞ

------------------------

てか コジツケと言われるかもしれないけど「はやぶさ」=小惑星サンプルリターン計画は全てにおいて日本に利益をもたらす人類普遍の財産だと思うぞ。

------------------------

デルタ-Vの送信ありがとうございます。
頑張りましょううううう!!

コメント

_ みずたに ― 2006年12月06日 15:01:24

今じゃ当り前のようにラッコ型のイメージだけど、はやぶさが教えてくれる以前のモデルは単なるジャガイモなんですよね。某科学館にあるイトカワ(1998SF36)はまさにそれ。小さな子も「イトカワ、こんな形じゃないよ。」って突っ込みが入るほど。

_ ALUMII ― 2006年12月07日 12:36:09

>みずたにさん
コメントありがとうございます。
あの写真で小惑星表面の具体的なイメージを教えてくれただけでも すっげぇことだと思います。
はやぶさ計画時の絵とくらべれば どれだけ詳細か一目瞭然ですよねー。
http://moon.jaxa.jp/ja/events/2001-2002/muses-c/M-C_Minerva_Marker.jpg

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://belle-vue.asablo.jp/blog/2006/12/06/984398/tb

_ はやぶさまとめニュース - 2007年11月04日 23:15:13

10 月末をとりあえずの区切りとしていたはやぶさ2応援メールですが,11 月以降もまだまだ有効とのことで,松浦さんが引き続き呼びかけておられます. 松浦晋也のL/D: はやぶさ2の現状とはやぶさ これから送ってみようかという方もおられるかも知れませんので,リンクはっと